プラグインをダウンロードせずに無料の画像カルーセルワードプレス

2018年3月27日 かつて世界一使いやすいと言われた、有名な画像スライダープラグイン「bxSlider」を超えるスライダーとして、まことしやか slickは使い方が簡単でカルーセルのオプションが最強! slickのダウンロード; slickの使い方; オプションの使い方と 

ワードプレステーマ「ICONIC」(tcd062) ・WordPressテーマ 一式 ・ダウンロードサイト(解説マニュアル、Q&A集) 39,800 円 (税込) ※銀行振込の場合、ご登録アドレスにお振込み詳細を90秒以内で自動送信します。 WordPressテーマ「fresco」 スタイリング専用プラグイン利用 に更新が必要なメインコンテンツのソースと、一部のコードやメタタグのみをリフレッシュし、共通で利用できるヘッダーやフッターのソースは更新せずに効率的なページ遷移を可能にしています。

ワードプレス無料テーマ「cocoon(コクーン)」の初期設定でやったことを一覧にまとめました。 画像を入れながら初心者の方にもわかりやすい説明、「cocoon」への移行を検討している方へも伝わりやすい説明を心掛けました。

はじめまして、WordPressコーチの木村なつきです。久しぶりにHOW TO記事書きました。何度もElementorってうってたのですが、この単語打ちにくい。。。泣けました。。。どこかに誤字がある気がしてなりません(笑)見つけたら教えて下さい~Elementor(エレメンター)とは Elementorって? WordPressで使える 「ワードプレスでホームページを作りたい!ウェブサイトを作りたい!ただ、何から始めたら良いのか分からない!」という方に向けて、ワードプレスで長年サイトを運営をしている筆者が図解でやり方を解説します。 ワードプレステーマ「TOKI」(tcd069) ・WordPressテーマ 一式 ・ダウンロードサイト(解説マニュアル、Q&A集) 32,800 円 (税込) ※銀行振込の場合、ご登録アドレスにお振込み詳細を90秒以内で自動送信します。 WordPressのプラグインの使い方を初心者向けに紹介する記事です。今回は、スライドショーで画像を表示するのに便利なプラグインSlidershowの使い方を紹介します。 画像ギャラリーの作り方を中心に、WordPress特有の画像にまつわる話について掲載します。目次 1.画像の挿入方法 2.配置 3.キャプション 4-1.画像の自動生成停止 4-2.FTPを使ってアップロードしたメディアをメディアライブラリに認識させる 5.画像ギャラリー(Jetpack使用) 6.ポートフォリオ WordPressサイトをあっという間にモバイルフレンドリーにする無料プラグイン8選. Googleがモバイルフレンドリーなサイトを推奨しはじめ、これからのWeb制作にはモバイル対応が必要不可欠になっています。

この記事では、無料でダウンロードできるスライダープラグインのトップ10をご紹介します。それぞれ異なる機能を持ち、更に高機能のプロバージョンがあります。いずれも魅力的でユーザーフレンドリーなスライダーを作る基本機能をクリアしています。 1.

2020/06/29 2018/09/14 2020/07/17 WordPressには数多くのプラグインがあり、それらを活用して様々な機能を追加できることが面白いところです。こんな機能があればなぁと思って調べるとぴったりなプラグインを意外とすぐに発見できたりします。しかも無料で使えるものがほとんどです。 2019/04/03

2020/03/28

無料で使えるコンテンツスライダーのWordPressプラグインを紹介します。 コンテンツスライダー機能を利用すると、ブログの訪問者に対し、視覚的にサイトのイチオシ情報をアピールすることができます。 この記事では、無料でダウンロードできるスライダープラグインのトップ10をご紹介します。それぞれ異なる機能を持ち、更に高機能のプロバージョンがあります。いずれも魅力的でユーザーフレンドリーなスライダーを作る基本機能をクリアしています。 1. WordPress プラグインディレクトリは無料でオープンソースの WordPress プラグイン最大のディレクトリです。WordPress.org にプラグインを掲載する方法を学んでください。 ・カルーセルスライダーの動作不具合修正 2019.7.13 UPDATE v1.9.4 ・エラー対応 2019.7.10 UPDATE v1.9.3 ・スクロール時に発生しているコンソールエラー対応 2019.7.3 UPDATE v1.9.2 ・WordPress5.2バージョンアップ対応 2019.5.30 UPDATE v1.9.1 ・WordPress5.1対応に伴う推奨プラグインの 「Write」は無料のテーマですが、 有料テーマの上位版「Write Pro」 もあります。 上位版はスライダーなども利用できますが、無料版でも十分な機能があるので、機能的に足りないと感じた場合はプラグインで補充するのがおすすめです。 たくさんの写真を魅せるギャラリーを使うとユーザーの滞在時間を延ばすことができ、SEO的にもメリットがあります。この記事ではWordPressでどのようにギャラリーを作れば良いのか、また用途別にプラグインを7つご紹介します。

2018/01/31 2020/06/11 2019/02/02 カルーセルとは カルーセルとは、遊園地の回転木馬や回転式コンベアなどの意味を持つ英語の名詞です。(cf.carousel)Webのくるくる回転するような動きをするパーツに対しても使われます。 ただ、Web技術に詳しくない人にはカルーセルと呼ぶよりもスライダーと呼んだ方が通じます。 2018/06/15 WordPress(ワードプレス)には標準の状態でもサイトに写真ギャラリー表示する機能はありますが、使い勝手としても、美しさとしても今一歩です。そこで今回は写真ギャラリーを作成するプラグイン「 NextGEN Gallery 」を利用してみることにします。 2019/02/18

2020/05/05 2020/06/20 2020/05/12 2019/12/30 2020/04/07

「Write」は無料のテーマですが、 有料テーマの上位版「Write Pro」 もあります。 上位版はスライダーなども利用できますが、無料版でも十分な機能があるので、機能的に足りないと感じた場合はプラグインで補充するのがおすすめです。

WordPressテーマ「Clarity」 スタイリング専用プラグイン利用 例えば、メディアスタンドであればアピールしたい記事を対象にして、サムネイルを3枚、横一列に並べたカルーセル形式のスライダーや、商用サイトではサービスや企業を印象づける画像を複数  WordPressテーマ「fresco」 スタイリング専用プラグイン利用 に更新が必要なメインコンテンツのソースと、一部のコードやメタタグのみをリフレッシュし、共通で利用できるヘッダーやフッターのソースは更新せずに効率的なページ遷移を可能にしています。 2020年2月29日 シンプルなWordPressのテーマを求めている方に最もおすすめするのが、無料テーマの「Write」です。 アイキャッチ画像のある記事、無い記事などを確認することができます。 ただし、ギャラリーとして利用する場合にはJetpackというプラグインをインストールする必要があります。 また、一部の有料テーマでのみ搭載されている「カルーセル」機能が利用できる点も見逃せません。 ボード内で検索すれば簡単にインストールできるので、わざわざテーマ単体でダウンロードする必要がありません。 2017/03/05 カテゴリーページの表示について カテゴリーページで、ページ捲りプラグイン(wp-pagenavi)が正常動作しない障害が見つかりました。 現状、カテゴリーを取得して表示させていま… コメントはお気軽にどうぞ  読者の方が読み疲れしないようにテキストについては多少なりとも工夫しているのですが、写真を多くすると「縦スクロール」でゴールが遠くなります。これだと途中離脱されないか不安です。 記事投稿するうえで「情報の引き算」は大切な考え方だ